スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現在の状況

看護師として避難所に入っているとはいっても、現在、避難所の中に設けられているジャパンハートブースに訪れる人はまれです。

現時点での避難所常駐ナースとしての役割は、避難生活を送っている方々の健康の維持増進と疾患の早期発見だと考えた私。

色々な場面で皆さんの観察をしています。
大事な情報を逃すまいと、いつもアンテナをビンビンにはっておりました

特に、避難所や仮設住宅に住むおば様達とご飯の準備をしている最中は、格好の情報収集の場です

「お小水が頻回」と言われると、いつからか、水分は十分摂っているか、膀胱炎の既往は?
「旦那の足がむくんでいる」と言われば、高血圧や心臓病、高コレステロール血症の有無、血栓が詰まる病気の既往は?

などなど、それとなぁーく、
一緒にお味噌汁用の大根をいちょう切りにしている時や、翌日用の2升分のお米をといでいる時などに聞き出すわけです。

他には、おかずの味付けをするときにいつもお砂糖を入れて甘口にする習慣のある方には、糖尿病のチェックをうけた事があるかなど、

あくまでも、口うるさくならない程度に聞くんです。

一対一の、「健康診断」のような堅苦しい場でない方が、皆さん気軽に、しかも「本当」のことを教えてくれるような気がします。

こうして情報収集した情報で重要なものは、この地区を担当している他県の保健師さんと共有し、保健師さんがカバーできない時間帯に私達が対応できるよう努力しています。

プルメリア lineplu

先日の午後、避難所内の子供部屋で、避難所に住むひーちゃんと一緒に遊んでいた時のこと。

地震の前触れの、「ゴォーーーッ」という、不気味な地鳴りが始まりました。
ひーちゃんが、こわばった顔で私の元に駆け寄ってきました。
震災後も頻回にある余震には、大人でもとても敏感になっています。

「大丈夫、大丈夫。」と、たまたま近くにあった、おもちゃのおかず入りのお弁当箱を見せ、
「おいしそうなエビフライだねぇ。」と言った私。
ひーちゃんは、おもむろに、スポンジでできたエビフライをわしづかみにして口に入れ、、、

「アム、アム」と食べるフリをしているではありませんかっ、、、(本当に口に入れてかじっていた)

地震に揺られながら、ひーちゃんを抱っこして、もう一人のボランティアさんと一緒に大笑いしてしまいました



簡単に一言で言ってしまってはいけないのはわかっているけれど、

じっくり、丁寧なヘルプさえあれば、この場所、人々は必ずよみがえると思うのです。


By てるx2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。