スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

網地島に上陸

ふね

看護師の活動のニーズ調査のため、石巻市の南の島「網地島」に行ってきた。

実は今回私は島にいくのが初めてだった。ジャパンハートでは通常の活動で僻地離島事業というのがある。
日本の離島や僻地と言われる医療過疎地域に看護師を継続的に送っている事業である。
しかし私がジャパンハートの研修生だった2006年には、この事業自体がなかったため、お初だった。
ただでさえ、船酔いのする私。。石巻港から一時間半の長旅。完全に弱気だった。
今回も強力な酔い止めを飲んで、フェリーの中ですぐ寝た。

目覚めてみると、河童の皿みたいに海に浮かぶものがみえてきた。
ここは島民500人弱の島である。島の反対側までは車で15分ほどである。今回の津波は島を挟んで二股に分かれたため、大きな災害には至らなかったようだ。
こんな網地島には小学校を改造してつくった「網小医院」という場所がある。島で唯一の医院だ。今回、ここの副施設長の方にお話を聞くことができた。

ほとんどお年寄りのこの島は一日25人くらいの患者がくる。栃木の病院と提携していて医師が定期的にくるそうだが、常駐の医師が不在で困っているそうだ。
看護師にかんしては、全国から派遣でくる看護師もいて今はなんとか大丈夫だが、今後はわからないという。

看板

島の中を案内してくれたが、本当に風光明媚な場所だった。人も明るい。当たり前だが周りは全て海で囲まれており、牡蠣やうにがよくとれるそうだ。夏は観光客も多いということだが、今の時期は全然いない。畑で野菜をつくり、海で魚をつり、米以外のものはだいたいが自給自足だそうだ。

弾丸絶壁

医者に関しては、地域医療のネットワークを活用させてもらって、情報発信してみようと思う。
もちろん看護師が必要なときには、ジャパンハートで協力することも可能だ。

この数年、ほとんど海外にいた私は、日本の素敵な場所をあまり知らない。日本人として恥ずかしい。
今回は、こんな素敵な場所があるのだと、また一つ日本のいいところを発見できた。

少しでもこの島の人たちの医療事情が向上することを願って。
島からいろいろなことを教えてもらいました。日々、是勉強。。ナース彩未

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。