スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北 石巻・女川研修スタート

研修も残すところあと半年。
最後の研修地を東北でと決め、11月から女川町地域医療センターとJH子ども内科クリニックの2カ所での研修がスタートしました。

自己紹介が後になりましたが、2年目研修生の三國陽子です。

今回は、勤めさせてもらっている女川町地域医療センターの紹介をします。




女川地区は人口約8000人前後(実際には6000人程度と言われているが)で漁業と観光、原発が特徴の町です。そしてこの地域町民の医療を支えているのが19床の診療所と100床の介護老人保健施設を有す女川地域医療センターです。
しかし、医師や看護師、コメディカルなどセンター全てのスタッフが少なく職種を超え皆が臨機応変に常に対応されているのが現状です。
私が配属された外来でも看護師の役割は、全科の対応や外来のコーディネートはもちろんの事、病棟、救急、訪問看護、訪問診療の同行、健診センター、内視鏡なども外来業務を行いながら平行して行っています。時には血液検査やレントゲン、事務の役割も果たすなど多種多様です。
日々多忙な中、この地域ならではの活動の一つとして、毎週水曜日に仮設住宅や離島への出張診療があります。



先日、仮設住宅への診療に同行させてもらいました。病院から車で15分~20分程度離れ約200世帯が住む仮設住宅に住んでいたのは高齢者がほとんどでした。
公共交通機関もない少ないこの場所で、老々暮らしや独居の方にとっては大変意味のある時間だと感じました。
また診療を通じて住民通しのつながりや、実際の住居や生活を見ることもでき、寒さが厳しいことなどの生活のしにくさを改めて言葉として受けとることもできました。
震災後、ますます医療者が少なくなる一方で高齢者に対する訪問診療や健康相談などのニーズはより高くなっている今、「いつでも、誰でも、何でも、どこへでも」を合言葉に町民のかかりつけ医とし少しでも良い医療と福祉が提供できるように活動しようと動き出した女川町地域医療センターで、私自身が何を感じ吸収できるか期待がある一方で、この機会を通して東北の今の医療福祉をリアルタイムに多くの方に伝えていければと思っています。
半年間よろしくお願いします。

長期研修生 三國

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【東北 石巻・女川研修】

研修も残すところあと半年。最後の研修地を東北でと決め、11月から女川町地域医療センターとJH子ども内科

コメントの投稿

非公開コメント

カンボジアの手術ミッション(チュープレィン)でお世話になりました

日本に戻られていたのですね。改めてお帰りなさい(*^.^*) カンボジアに比べたら東北は寒さ((+_+))が厳しいと思います。どうぞお身体に気をつけて活動されますように(^^)d 櫻井先生は九月の帰国時に早々来年3月のカンボジア手術ミッションに参加決めていましたが、私は職場の状態(年休可能か)様子見ているうちに受付終了になっていました。何だかとっても残念です(ToT) でも、また来年春 以降参加希望します。また、何処かでお会いできなら幸いです_(._.)_

桑名様コメントありがとうござました

桑名様
メッセージ頂きありがとうございました。

チューンプレイミッションでは本当に多くの事を教えていただき、私にとっても良い経験となり今もとても感謝しております。
改めて、感謝申し上げます。

私自身も10月中旬に帰国し11月から宮城県に入りました。
カンボジア帰りで寒さは確かに身にしみますが、北海道はもっと寒いのでしょうね・・・どうか桑名さんもお体を大切にお過ごしください。

3月に櫻井先生がカンボジアミッションに入られるのですね。先生が執刀された患者さんにもまたお会いできると良いですね。
ですが、桑名さんとのコラボが見られないのが残念です・・・

私もここ東北でもっと勉強し、次にお会いするときには少しでも成長した看護師になっているように頑張ります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

最後になりましたが、桑名さん、櫻井先生のご健康とご活躍を心からお祈りしております。
プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。