スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

癒しの音楽と書道

こんにちは。引き続き気仙沼での心のケアの活動をお伝えします。

2日間に渡り行いました。

1日目は唐桑幼稚園。
午前は音楽です。
なんの?と思われますね。

静岡県からこられた音楽の先生2名が、ピアノ演奏とソプラノの歌を披露していただきました。
迫力満載です!参加した園児は16名ですが、初めてオペラというものを体験したと思いますが
じっと聞いていました。
終わったあと、一人の女の子が「うれしかった」「ドキドキした」と言ってました。
良いものは、こどもたちの魂に伝わると実感!
保育士さんも「久しぶりにクラシックを聞いた」と感動していました。
私も、ブルブル、ジーンと感動しました。
CIMG0005.jpg

引き続き、フルート演奏です。演奏者は本当は書道の先生です。
趣味で初めて20年。
CIMG0034.jpg

こどもたちには実際フルートをさわらせ音出しに挑戦!
喜んで挑戦していましたがなかなか難しいようで・・・。
でも参加した園児全員が本物のフルートを触られてもらえるなんててすごい!
CIMG0029.jpg

機会を与えていただいた福田先生ありがとうございます。

では、引き続き午後の部です。書道の時間です。
初めは大人の方だけとお聞きしていましたが、
急きょ幼稚園の年長さん7名が参加することになりました。

書道の先生は3名。東京都と静岡県から来ていただきました。
3名の先生は大学時代の同級生だそうです。
友情の絆に感動です!

さて、生まれて初めて書道をする年長さん組ですが、
これがまた、行儀よく、最後まで墨一滴もこぼさず行儀よくできました。
基本から教えてくれた、清水先生の教えもよかったのかも。
まずはじめは筆の運び方からで、ぐるぐる円を描いてもらいました。
園児からは「それでいいの~?」なんて声もありましたが、
みんな上手に書いてました。
CIMG0062.jpg
CIMG0063.jpg
小学1年生の女の子2名も参加してくれました。
「楽しい~」「もっとやりたい」と声が聞かれました。

そして福田先生からは素敵なかな文字の書を実演。
CIMG0074.jpg
CIMG0076.jpg
書は山上憶良の歌で「銀(しろがね)も 金(くがね)も玉も 何せむに 勝れる宝 子にしかめやも 」
です。

意味は福田先生が説明してくれました。
(白銀も黄金も宝玉も、そんなもの何になろうか、子どもには及ぶべくもない。)
意味を知って大人のみなさんはまた感動です。

高橋先生からも勢いのある素敵な書を目の前で書いてくれました。
感動です。
CIMG0079.jpg
CIMG0078.jpg
CIMG0086.jpg

今回、幅広い年齢層の参加者で教える先生は大変だったと思いますが、
園児でも書道の心得がかなり持っていることがわかりました。

遠くからボランティアで来ていただいた先生ありがとうございます。

2日目はまた次回報告します。

藤田

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。