スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリニックの見学に来ました

3月31日と4月1日にクリニックの診療を見学させていただきました、医学生の宮本です。
もう4月なのに、まだまだ寒かったです。
約半年ぶりに宮城に来て、まだまだ大変だと思うところもありましたが、新しい建物が増えていたりするのをみると、少し嬉しくなります。

31日は小児の受診が多く、おなかの調子が悪い方が目立ちました。多くの学校が春休みに入り、時期的にもインフルエンザはもう殆どないかなと思っていましたが、B型はまだ残っているようでしたので、注意が必要だと感じました。
小児科の診療を丸1日見学するのは初めてだったのですが、子ども達が恐怖を感じるポイントや苦手なことも少しわかるようになり、親御さんや看護師さんによる診察介助の必要性や、わかりやすく説明することの重要性を実感することができました。
また、子どもは言葉で表現することは難しくても、どのように辛いのかをきちんと身体で表現してくれているということも身をもって感じました。
インフルエンザの検査が辛かったり、「注射はイヤだよ」と言って泣いてしまっていたお子さん達が、診察を終えて頑張った証のシールを手に“やりきった”という表情で手を振りながら診察室を出ていく姿はとても印象的でした。
夜間の急患も1組来られたので、来週から始まる夜間診療を利用する患者さんも増えていくのかなと思いました。

1日は成人の患者さんが多く、お天気のせいもあるのか、花粉症の症状の患者さんが多くみられました。
また、前日と同様におなかの調子が悪い方とインフルエンザB型の患者さんが目立ちました。
幼児の間では溶連菌に感染している子もいて、感染のしやすさやお薬の飲み方の説明もき大切だなと感じました。

全体として、クリニックにいらっしゃる患者さんはみなさん良い人ばかりで、「ありがとう」という言葉がとても温かく聞こえる空間でした。
スタッフの方々も突然来た私を快く受け入れて下さり、感謝の気持ちでいっぱいです。
医師の先生はもちろん、看護師さんや医療事務の方もそれぞれにとても忙しい中で真摯に仕事と向き合って働いていらっしゃる姿がとても印象的でした。
この2日間で、私は教えていただくことばかりでしたが、いつかちゃんとみなさんの役に立てるように、新学期からまた頑張って勉強しようと思います。

ありがとうございました。また来ます。



宮本
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。