スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きていかなければならない。

こんにちは。
再び、みえ@仙台オフィスです。

今回は、先日お会いした被災者の方のお話です。
その方は、ジャパンハートが活動している南三陸町の戸倉地区に避難している看護師のAさんです。


Aさんは避難所で自身も被災者でありながら、「看護師」として活躍されています。

避難所では、たまたま看護師だから、保健師だから、ということで
避難所でも「看護師」「保健師」として活動せざるを得ないパターンが多いようです。
一方で。
「動いている方が気が楽だから」という声もきかれます。


私が再び戸倉の避難所を訪れた日は、震災後2週間のこと。
疲労はとてつもなく溜まっているはずなのに。
Aさんはあたたかく笑顔で出迎えてくれました。


看護師として地元の病院で働いていたSさん。

自衛隊力作のカレーをありがたく頂戴した後、
みんなで団欒していたところ、
Aさんはあの日のことを、淡々と語り始めました。

病院でいつものように、なんら変わらない日勤業務をおくっていた3月11日。

「ほんとにおそろしい光景だった

 大きな地震が起きた後、津波を警戒したけど、
 まさかあそこまで来るとは…

 病院のマニュアルでは、2階へ避難するとなっていたの。
 でも2階どころか、4階、屋上まで水が襲ってきたんだから。

 第1波・・・いや第2波なんて、「水の壁」が押し寄せてきたようなもので」

 
話を聞きながら、嫌になるほど脳裏に焼き付いたテレビ報道の光景がリンクしました。

 「人が流されていくのが見えた」

…どう答えたらいいのか。
 大人たちさえ、受け止めきれないその現実。
 まして子どもたちの心は本当に悲鳴をあげていることでしょう。


Aさんはいいました。
「インフラは2カ月すればもどるといっていました。第一関門。
2ヶ月がんばればいいんだって思ったら頑張れるじゃない、みんなでがんばろ」

眼がしらを抑えながらも
笑顔を見せてくれたAさん。


“それでも
  生きていかなければならない”

そんな思いが突き刺さってきました。



この写真は石巻市内の立ち並ぶ商店街に乗り込んできた漁船です。
車と家と船と家のがれきがめちゃくちゃに重なり合った道路。

道路の先の行方を示すため、写真のように漁船に“道しるべ”が書かれています。
生きていく。
補い合って、支えあって生きていく。
村社会のミャンマーの人々を思いだしました。

医師の巻き

みえ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。