スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おせわになりました☆


南三陸町の戸倉地区にある自然の家の避難所で私たちは震災直後より医療活動を開始しました。
避難所と周辺の避難所の住人約700名を対象として活動をしてきました。

避難所には多くの避難民、ボランティアでしたが、他県や仮設住宅への移転により、
徐々に避難所で生活する人の数も減り、最後には10名程の避難民の方と長期滞在のボランティア数名となりました。

ジャパンハートも震災直後は避難所の中で診療所として診療活動を継続し、
地元医療機関への移行はしたものの、5月中旬からは看護師1名が常駐する形の保健室として活動をしてきました。

そんな自然の家の避難所も22日で閉鎖。
最後まで避難所生活であった住人の方等が、長期滞在していたボランティアに対してお別れ会を開いて下さいました。

地元の魚屋さんも営業をはじめており、そこで用意してもらった南三陸産の海鮮や避難所のお母さんの手作りごはんやおかずがテーブルを埋め尽くすほどに囲み、そして、今までを振り返りながら、笑いあり、涙ありと。

その中でも、
「震災直後体調崩して、すぐジャパンハートの医師にみてもらって助かったよ」
「子どもが熱出してしまった時に、すぐに相談できて安心したよ」
「何もなくても避難所にいてくれて安心して生活ができたよ」
「たくさんのお医者さんや看護師さんが私達の為にここにきてくれて本当に感謝しています」

とたくさんのお言葉を頂きました。

この避難所で3月から8月までの5カ月間活動を続けられたのも、
避難所のみなさん、町の関係者のみなさん、
そして、
ジャパンハートの被災地ボランティアとして参加して下さったみなさんのおかげであると
改めて感じる時間でした。

ありがとうございました。

そして、最後の10名の方々もみなさん仮設住宅に移られ新たな生活を始められます。
今度はみなさんのお宅を巡回しながら、健康管理ができるようにしていきます!




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。