スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月心のケア

先日は気仙沼の保育園・幼稚園へ、
臨床心理士の岡田太陽先生と訪問しました。

気仙沼には、東日本大震災復興支援事業「心のケア」として、
月1回のペースで幼稚園・保育所を訪問してまわります。

子ども達の発達・成長に関して、
判断・関わりに悩む保母さん、そしてお母さんのお話を伺い、
時にはアドバイスを、時には対応を一緒に考えていきます。

昨年度より定期的な訪問を始めた保育所もありますが、
とくに最近は、現場の先生方(保母さん)からのちょっとした相談を受けることが多くなりました。
正確には問題が増えたというよりも、元々先生達が抱えていたこと、
気になることを気軽にお話していただけるようになった。という印象です。

現在の保育所・幼稚園の子ども達は、津波を直接見て体験をしてはいませんが、
被災直後の特殊な生活環境を幼いながらに経験している子ども達です。
そうした背景が、現在の成長に少なからず影響を及ぼしていると思われるケースも見られます。

ひらけた相談しやすい環境を作りながら、引き続き継続してまいります!

CIMG4068.jpg


スポンサーサイト

【近況のご報告】東日本大震災復興支援事業

こんにちは、 東北事業担当の吉岡春菜です。
今日は東北事業の最近の様子をお知らせします。

私たちが活動している気仙沼では、
仮設住宅から復興住宅などへ転居する家族が増えています。

仮設住宅での年越しはあと1回かなというお母さん、
広い家に変わったらよい香りの家にしたいと楽しみにしているお母さん。

過去のことを語り、頭の整理を始めたお母さんもいます。
幼稚園では未就学児童が楽しく過ごせるサークルがあり、私たちも参加しています。

震災後に生まれた子どもたちなので震災の影響はないだろうと思われがちですが、
家族構成の変化や転職転居などで周りの大人たちは忙しくしながら子育てをしており、
子どもにも色々な影響があってもおかしくないと思います。

これからもお母さんや子どもたち、
幼稚園や保育園の先生の想いに答えるために活動していこうと思います。

東北写真
プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。