スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気仙沼の幼稚園でのこころの相談

宮城県気仙沼市の幼稚園に臨床心理士が定期的に訪問しこころの相談を行っています。

小学校や中学校にはスクールカウンセラーが配置されていますが、未就学児にはそういったものはありません。
そこでジャパンハートでは震災後より小児科医が、そして今年度より心理士が毎月、気仙沼の幼稚園を訪問し、こどもの観察、個別的なカウンセリングを行っています。

今年度より、臨床心理士の北村先生に毎月、埼玉から気仙沼に通って頂いています。
北村先生の息子さんは阪神大震災の時に関西に住んでいましたが、会社の方々に大変助けられたそうです。
北村先生はご恩返しですと毎月、葦の芽、葦の芽星谷幼稚園を訪問しています。



幼稚園の園児そのお母さんはもちろんですが、その家族や幼稚園の先生も含め、
訴えを待つのではなく、不安や、心配を出すことができない方々のケアができるような
活動にしていきたいと考えています。
また他の幼稚園へも広げて行く予定です。

村上
スポンサーサイト

癒しの音楽と書道

こんにちは。引き続き気仙沼での心のケアの活動をお伝えします。

2日間に渡り行いました。

1日目は唐桑幼稚園。
午前は音楽です。
なんの?と思われますね。

静岡県からこられた音楽の先生2名が、ピアノ演奏とソプラノの歌を披露していただきました。
迫力満載です!参加した園児は16名ですが、初めてオペラというものを体験したと思いますが
じっと聞いていました。
終わったあと、一人の女の子が「うれしかった」「ドキドキした」と言ってました。
良いものは、こどもたちの魂に伝わると実感!
保育士さんも「久しぶりにクラシックを聞いた」と感動していました。
私も、ブルブル、ジーンと感動しました。
CIMG0005.jpg

引き続き、フルート演奏です。演奏者は本当は書道の先生です。
趣味で初めて20年。
CIMG0034.jpg

こどもたちには実際フルートをさわらせ音出しに挑戦!
喜んで挑戦していましたがなかなか難しいようで・・・。
でも参加した園児全員が本物のフルートを触られてもらえるなんててすごい!
CIMG0029.jpg

機会を与えていただいた福田先生ありがとうございます。

では、引き続き午後の部です。書道の時間です。
初めは大人の方だけとお聞きしていましたが、
急きょ幼稚園の年長さん7名が参加することになりました。

書道の先生は3名。東京都と静岡県から来ていただきました。
3名の先生は大学時代の同級生だそうです。
友情の絆に感動です!

さて、生まれて初めて書道をする年長さん組ですが、
これがまた、行儀よく、最後まで墨一滴もこぼさず行儀よくできました。
基本から教えてくれた、清水先生の教えもよかったのかも。
まずはじめは筆の運び方からで、ぐるぐる円を描いてもらいました。
園児からは「それでいいの~?」なんて声もありましたが、
みんな上手に書いてました。
CIMG0062.jpg
CIMG0063.jpg
小学1年生の女の子2名も参加してくれました。
「楽しい~」「もっとやりたい」と声が聞かれました。

そして福田先生からは素敵なかな文字の書を実演。
CIMG0074.jpg
CIMG0076.jpg
書は山上憶良の歌で「銀(しろがね)も 金(くがね)も玉も 何せむに 勝れる宝 子にしかめやも 」
です。

意味は福田先生が説明してくれました。
(白銀も黄金も宝玉も、そんなもの何になろうか、子どもには及ぶべくもない。)
意味を知って大人のみなさんはまた感動です。

高橋先生からも勢いのある素敵な書を目の前で書いてくれました。
感動です。
CIMG0079.jpg
CIMG0078.jpg
CIMG0086.jpg

今回、幅広い年齢層の参加者で教える先生は大変だったと思いますが、
園児でも書道の心得がかなり持っていることがわかりました。

遠くからボランティアで来ていただいた先生ありがとうございます。

2日目はまた次回報告します。

藤田

キッズヨガ

こんにちは。あいさつが遅れました。
ジャパンハートの研修に参加してから、早3年がたちました。
看護師の藤田です。
先月より東日本復興支援事業に関わらせていただいてます。

現在、石巻事務所を拠点にしておりますが、心のケアを担当することになり
8月に入ってからは気仙沼市での活動が立て続けにありました。

たくさんありましたが、日を追って一つ一つ紹介していきます。
まずはキッズヨガから紹介。

キッズヨガは気仙沼市の幼稚園2か所と
石巻市の一時保育園1か所で2日間に渡り行われました。

講師は伊藤華野先生。
先生はヨガの講師でもありますが、保育士と臨床心理士の資格もお持ちで、
現在沖縄の短期大学で専任講師もしていらっしゃいます。
教育に熱い思いを寄せていることが、すでにわかりますね。

今回、私のキッズヨガに対する感想を一言で表しますと、
「命の営み再確認」でしょうか。

ヨガをすることで、体の意識していなかった部分を、一つ一つ確認され、
命というものがとても愛しくなりました。
また体と心は、地球そして宇宙とつながっていることも意識されました。

それを伊藤先生は、幼稚園児を相手にうまく感じてもらい、無理なく
自然の流れでヨガのポーズを教えていくのには関心しました。

初めはいきなりヨガはせず、宇宙人からもらった得体のしれない白い粒
(本当はお菓子のラムネです)を口の中にポーンを入れてもらい、
味覚を覚えさせます。次は飲み込んでもらい、
「飲み込んだものはどこにいきましたか?」の質問に
「足!」と答えた子がいました。
大人の感覚では有り得ないですよね。
でも子供はいたってまじめです。
口から入った食べ物が気として足まで届いたという意味では
間違っていない答えだと思いました。
キッズヨガ葦の芽ラムネ


こうやって感覚をうまく養わせたあとで、ヨガの動きに無理なくつなげて
いきました。
伊藤先生さすがです!
先生の動きを見てちゃんとポーズをまねる園児たちもさすがでした!
キッズヨガ葦の芽幼稚園ポーズ

最後に葦の芽幼稚園と葦の芽星谷幼稚園の両園から
素敵なプレゼントを戴きました。ありがとう!
キッズヨガ 贈り物アンパンマン


日付変わって翌日は、石巻市の一時保育園の「ちるぴよ」さん。
ここは親子で5ペアが参加されました。

スキンシップをとりながらのヨガです。
お互い体を労わりながら、とても気持ちがよく、
心身ともに安らいでいく感覚がわかりました。
キッズヨガちるぴよ親子

これが家庭で普段できたら家庭内暴力などなくなり、
平和につながっていくのではと頭をよぎりました。
震災で不安だった心も癒されていくと感じました。

ヨガっていいですよ。みなさん!
心身共にリフレッシュできた2日間でした。
キッズヨガちるぴよ 全員写真


藤田





石巻での乳児健診のお手伝い

今年度4月よりジャパンハートでは定期的に石巻市の乳児健診のお手伝いをしています。
毎週参加し、看護師は身長、体重測定、尿検査、耳の検査などのお手伝い。
1歳半健診~3歳児健診までの間には、医師の健診はないため、
ジャパンハートの小児科医が2か月に1度の2歳児歯科健診に参加し、からだとこころの相談を受けています。

石巻市では生後3カ月から3歳までが乳児健診の対象です。
震災前後に出産したママ達が訪れます。

保健師さんが1人1人に丁寧にお話しを聞いています。
歯科衛生士や栄養士さんも丁寧な指導をしています。

石巻での子育てにはこんなにチカラ強い応援団がいるんですね。


村上

仙台にてフィジカルセラピー・ブレインジムセミナーを開催します

東日本大震災復興支援 こころのケア活動として、
仙台にてフィジカルセラピー・ブレインジムセミナーを開催します

【ブレインジムとは】
心身システムと脳の働きの調整を助けるプログラムで、簡単に実践できるアメリカ発祥のエクササイズ。
LDやADHDなどの学習障害児への運動療法として始まり、その安全性と短時間での効果から、2004年におきたスマトラ沖地震と津波の後に、現地のブレインジムインストラクターにより、被災者や子ども達のケアに提供されました。
現地からその効果が報告されて以降、小児科及び精神科領域でも脚光を浴び、日本国内でも公立小中学校で提供されています。
現在は、療育や教育現場に限らず、アスリートのセルフケアやリハビリに取り入れられています。

【プログラム】
保護者・養育者へ:発達支援、学習障害や精神安定などをテーマに、賑やかなワークショップ形式
教育者・医療者へ:エクササイズを取り入れたブレインジムの活用法について

ブレインジムの詳細に関してはこちら
概要
活用事例


shigeiblog (2)
子育てをされている方を対象とした
保育園児のためのブレインジム活用術 in 岡山「いかしの舎」での様子

shigeiblog (1)
医療従事者を対象としたブレインジム実践講座として
重井医学研究所附属病院小児療育センターでの開催の様子

【開催日程】9月13日(木)
(対象)①養育者・保護者 14時~16時
(対象)②教育者・医療者 18時~20時
【会場】東北大学医学部保健学科 4階 家族支援看護実習室
(できるだけ公共交通機関をご利用頂き、駐車場は学外のものをご利用ください)
【参加費】  無料 
【定員】  各50名 
【申込締切日】 9月6日
【申込方法】 下記のメールアドレスに、次の項目を記載の上お申し込みください。
希望コース①養育者・保護者又は②教育者・医療者
氏名、所属、職業、連絡先(e-mailアドレスと電話番号)
内容に関してのご要望
申込先:jhtouhoku@gmail.com    担当: 村上、藤田

【講師】今道 久惠(いまみち ひさえ)
有限会社ジニアスラブ代表取締役

米国教育キネシオロジー財団公認 ブレインジムインストラクター
教育コンサルタント(保健体育教員免許)
人材コンサルタント
横浜市体育指導員

【協力】東北大学大学院医学系研究科小児看護学分野
プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。