スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現地で「継続」して繋がることの大切さ。

皆さんこんにちは、東日本大震災復興支援事業より栗木です。

日本EMDR学会人道支援プログラムより臨床心理士の岡田先生とともに、
定期的に気仙沼市内の幼稚園・保育所を巡回し、気になる子どもについてなどの相談に対応します。

こうして巡回に関わるようになり気付くことは、
気軽に相談できる場所が、そっと傍らに在りつづけることが大切なのだと。そう感じます。

一昨年より巡回をはじめた保育所では、当初は職員から気になるお子さまのことをお伺いし、
保育所での対応方法や考え方をお伝えする。次の訪問ではその経過を聞く。
こうしたことの繰り返しを続けていました。

ここ最近は、その継続のおかげか、保護者の方に直接つながる機会も増え、
保護者と職員の方が一緒になって子どもの成長をサポートできるような、
そんなバランスができ始めてきています。
そばにそっと寄り添いつづける。

あたりまえのようでいて継続は簡単ではないからこそ、
そこから見える変化もあるのだなと思います。

去年は気仙沼市内の子どもに関わる職員を対象に、岡田先生が講演会を実施しました。
今年は7月に、いつも巡回をしている幼稚園より講演の依頼がありましたため、講演会を実施しました。
講演会の実施が、まわりまわって子ども達の成長のサポートに繋がりますように。

東日本大震災復興支援事業
栗木 幸代

13524424_1129622580416728_6836892113624735115_n.jpg
スポンサーサイト

3月 心のケア活動レポート

気仙沼での心のケア活動からもうすぐ5年が経とうとしています。

幼稚園・保育所内では、ご家族はまだまだ仮設で生活をされている方も多く、
生活環境の変化による親・子どもへの影響と対応は長い目でみていく必要があり、
職員の方々は日々、一生懸命、子ども達と向き合っておられます。

先日も訪問した時には、気になるお子さまが数名いるとのことで、
臨床心理士の岡田先生は子ども達の教室をまわる先々で、職員の先生方から、
相談を受けておられました。予定していた時間はあっという間に過ぎ、
いつも時間をオーバーしながら、引き上げていきます。

有難いことに相談した先生方は、「話を聞いてもらい、気が楽になりました」
と最後には笑顔で話してくださいます。その言葉に、スタッフはさらにほっとするのでした。

先月は、同じ宮城県を支援している身として、東日本大震災以降、
被災地に通い続けて来た700名のシンガーグループ〝humannote〟様の、
宮城県南三陸町復興応援歌〝未来へ〟のレコーディングへスタッフ数名が参加しました。
とても素敵な歌です。機会があれば、ぜひお聞きください。
http://www.japanheart.org/news/2016/229nhk.php

12735575_931572936950704_408962654_n.jpg

【医療支援】吉岡春菜医師より

ジャパンハート東日本大震災復興支援事業より吉岡春菜です。

今日は東北の活動に関することを紹介します。

東北では、気仙沼市にある本吉病院での小児科診療支援、
未就学児を対象とした心のケア活動を幼稚園や仮設住宅を訪問し継続しています。

私は日曜日の夕方に伊丹空港から仙台へ移動。
翌朝レンタカーで気仙沼へと向かいます。
レンタカーのお店のスタッフとは顔見知りになり、
いつも燃費のよい車を貸して下さり(笑)、有難いかぎりです。

本吉病院に到着したらすぐ診療をスタートします。
子どもたちには「大阪から来たの?大阪弁!!」とよく的中されます。

仮設住宅ではアロマセラピストの山本カンナさんをお迎えして、
アロマクラフトを企画してもらったり、
病院では聞きにくい子育て相談の時間をもうけています。

少しずつですが、
仮設住宅から転居される家族も増えてきており、
来年は公民館などで定期的に母子支援のための会ができたらなと考えています。

どうぞよろしくお願い致します!!

吉岡 春菜

IMG_5991.jpg

9月気仙沼で「人形劇団プーク」公演

9月21日(日)

気仙沼へ「人形劇団プーク」を招き、
面瀬小学校にて「ピンクのドラゴン」が公演されました。

「人形劇団プーク」はご存知でしょうか?
1929年に創立され、子どもから大人まで楽しめる人形劇として、
85年もの歴史をもつ、多く人々を魅了しつづけてきた人形劇団です。

今回の公演では、心のケアにてご協力頂いている葦の芽幼稚園、葦の芽星谷幼稚園をはじめとした、
気仙沼私立幼稚園PTA連合会のご協力のもと幼稚園の行事の一環として、各幼稚園だけでなく一般の方々を対象に実施。

気仙沼の面瀬小学校へ人形劇団プークをお招きし、人形劇「ピンクのドラゴン」公演が実現しました。

気仙沼市内より総計229名の親子家族が観覧に来られました。

公演では会場から笑いが堪えません。
公演中、一番前の席からさらに身を乗り出し、膝立ちでじっと人形劇を見ているお子さまもいるなど、
子どもも大人も、人形劇の世界にすっかり魅了されていました。

各地を巡業され多くの子ども・大人へ夢を届ける人形劇団プークさん、
そしてこのたび会場の手配や告知など主体で動いて頂きました気仙沼私立幼稚園PTA連合会の皆さまに感謝申し上げます。

これからも臨床心理士による心のケアをはじめ、
こうした人形劇などイベントを通して、子ども達が健やかな心を育んでもらえうよう取り組んで参ります。

10354084_792529684126021_816276018759828867_n.jpg

10672246_792529707459352_8722456178410905977_n.jpg

7月心のケア 子ども達の声に元気を貰えます

こんにちは!
全国的に猛暑が続いております。

昨日は東北震災復興支援事業として、気仙沼へ行きました。
東北は多少は涼しいかしらと思いつつ新幹線を降りたところ、
やはり東京も宮城も、変わらず暑いことを実感します。。全国的に猛暑なのでしょう。

臨床心理士の北村雅子先生とともに、
気仙沼の幼稚園・保育所を訪問し、園の先生方から気になるお子さまついてお話しを伺ったり、園児のお母さまからの個別相談へ対応させていただきました。

園児やそのご家族には、仮設住宅で生活をされている方々もいらっしゃいます。こうしたご家族も含め、園の子育てにおいて震災のトラウマに限らず発達に関するご相談など幅広く継続的に対応し、お気軽にご相談いただける環境をつくっていきたいと考えております。

今回は訪問先の、葦の芽幼稚園、そして葦の芽星谷幼稚園の先生方とお写真を一枚。

こちらの幼稚園も、3年前に津波の被害を受け、当時は急いで園児・教員みなさんで高い場所へ避難をされました。津波が引いた後の園内は、運ばれてきた土砂やゴミ屑に散乱し破壊された備品など。想像を越えるような苦労もあったに違いないと考えております。

訪問の度にいつも笑顔で温かく受け入れて下さる園の先生方に心より感謝をし、イキイキとノビノビとはしゃいでいる園の子ども達の声を聞いて、なんとなしにホッと心が和やかになる日でした。

10427326_760079347371055_5522512665445306360_n.jpg
プロフィール

ジャパンハート

Author:ジャパンハート
ジャパンハートの東日本大震災の救援医療活動の報告。
日々、リアルタイムで報告します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。